• 丸山順子

はぐくみスクール第2期まもなく開講


4月15日22日の日曜日にはぐくみスクール2期募集にあたりプレ教室が行われました。

15日はヤマダタッケンによる大工講座、ガーデンボックス作りとお料理教室、午後からは英会話、そして種まきをしました。

残念ながら天気は雨でしたがみんなとっても元気よく、金づちをもってたくさんあるくぎを小さなお手ててで一つ一つ打っていきます。今回は5歳児も参加していますが弱音も吐かずしっかり取り組んでくれました。

最初は初めて会うお友達同士、初めての先生、少し近況気味でしたが、少しずつお子様と話や一緒に作業を進めるうちに、笑顔が出てきて、少し話もしてくれます。

いつも料理教室や昨年はぐくみに参加してくれた子供たちは慣れていて、たくましくも感じました。大きなボックスが神瀬するとみんなすごく達成感を感じてくれます。

みんないい顔していますよね。

小さいから無理じゃない?ってことは大人が勝手に決めること、子供たちは大人が思う以上にちゃんとできます。少し時間がかかっても一人でできるんですよ!

おにぎりを持っている子達は初めて一人でおにぎりを作ったそうです。すごく出来上がった時に「先生見て!僕一人で作れたよ!」って感動した声で教えてくれました。

「そうなの!すごいね!帰ったらお家でまた作って上げれるね。」

「お母さん喜ぶよ!」

子ども達は自分が役に立てて褒めてもらえるととっても喜びます。子供に限らず大人もですよね。帰ってからやはりお家で作ってあげたそうです。こういった体験が子供たちの自信につながるんですね。はぐくみではこういったいろんな講師に来て頂いて子供たちは取り組みます。

その眼差しはとても真剣です。

野菜を切ることだって見守りながらあまりうるさく言わず見守ります。

しっかり包丁をもって切れるようになりました。彼女は親子料理教室にも参加してくれていたのでここの雰囲気も良くなれていて、のびのびと過ごしてくれます。

昼ご飯を食べると、小さな子供たちはやはり眠くなります。少し集中力が切れる瞬間です。

ちょっとやりたくなくなる子もいますが、みんなが楽しく取り組んでいると、少しずつ寄り添ってきます。無理にではなくなるべく自分からやる気が出るように声掛けは少しだけ。

遊ぶときは思いっきりご飯を食べた後は鬼ごっこや、外が苦手な子にはみんなのおやつを中で作ってもらったりしました。

午後からは英会話の授業を体験。

昨年は手さぐり的だった授業ですが、今年はいろいろ段取りを考えて授業に取り組みました。子供たちはきちんと椅子に座り聞く耳を持ってくれます。

終わった後はみんなで振り返り、一日あったことをみんなで話し合いました。

これがはぐくみスクールの一日です。

5月20日は満席になりましたが。それ以降のはぐくみスクール2名~3名ほどの空きはございますので、お早めにお問い合わせください。

はぐくみスクール2018年度  日程詳細はこちらから

076-205-0482(丸山まで)

#はぐくみスクール

  • Wix Facebook page

ご予約はこちらから

☎076-205-0482

〒920-1104  石川県金沢市清水町へ8-1

Copyright (C)Kanazawakitchen All Rights Reserved